忍者ブログ
「今のところは図書館司書だが、明日の我が身は如何なるものか?」ある日突然に元の行政事務屋として公共図書館からの配置転換。戻してくれないから市役所を退職。世の荒波をかき分け、専門図書館司書として復活!もつかの間。失業生活一年の後、ようやく司書として新たな職場へ。司書こそ我が天職!久々に明るく陽気に行きますか。
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その日はあまりにも突然にやってきた。

人事異動の内示発表というのは、図書館職場にとって、館長が変わるとか、誰かが昇格するとか、そのくらいしか関係が無いのでみんな関心が薄い。
私はたまたま、夫が機構改革などの関係で異動対象だったので、「さあ、今度はどこへ行くのかな?」くらいに思っていて、遅番の出勤の支度をして出かけた。
その途中、夫から「○○へ異動」のメールが来て、自宅近くの職場なので、「朝晩こき使われるね」なんて軽口をたたきながら職場、図書館へ到着。
すると、またメールが。開けてみると夫から「あなたも異動です」の文字が。は?何言ってるの??と脳が思う間もなく、館長から「浦賀さん」と呼ばれる。
館長室で(といっても事務室との仕切りの無い場所)座らされ、館長から聞いた言葉は、今はもう覚えていない。記憶に残っているのは、「9年間お世話になりました」
そうだよ、9年だよ!
内示の発表というのは、何があってもひっくり返せないのを長い経験から知っていながら、虚しい抵抗の言葉を繰り返す私。

自席に戻ると、上司も同僚もひたすら目を丸くするばかりだった。

何より納得できないのは、私の後任者が司書ではなく事務職員だということ。
何年かの事務職員不在の時期を乗り越え、昨年専任の事務長が来たのだから、この職場にもう事務職は要らない。
それなのに、司書を抜いて事務職を入れるなんてどういうこと!?
(続きはあとで追記します)
PR
●●● COMMENT ROOM ●●●
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
浦賀みちら(チラ)
性別:
女性
職業:
2008年4月9日まで公共図書館司書で、2010年3月まで市役所事務職員。2011年11月から専門図書館司書。2013年4月から大学図書館で。
趣味:
スポーツ観戦(フィギュアスケート、サッカー、野球など)
自己紹介:
最新コメント
(11/11)
無題(返信済)
(10/21)
こんばんは(返信済)
(05/13)
無題(返信済)
(05/10)
(04/25)
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】