忍者ブログ
「今のところは図書館司書だが、明日の我が身は如何なるものか?」ある日突然に元の行政事務屋として公共図書館からの配置転換。戻してくれないから市役所を退職。世の荒波をかき分け、専門図書館司書として復活!もつかの間。失業生活一年の後、ようやく司書として新たな職場へ。司書こそ我が天職!久々に明るく陽気に行きますか。
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんとあき
こんとあき
posted with 簡単リンクくん at 2006. 6.26
林 明子さく
福音館書店 (1989.6)
ISBN : 4834008304
価格 : ¥1,365
通常24時間以内に発送します。


チラの大好きな絵本作家さんの一人、林明子さんの作。
初めてこの絵本を見たとき、矢も盾もたまらず買ってしまいました。
子どもを描いたら林さんが一番!と今思っているチラが、この絵本で初めて林さんに出会いました。

このお話の、「赤ちゃんのお守りをするために派遣されたぬいぐるみ」というシチュエーション、実は我が家にもあったのです。
我が家の場合、それは、初めての子どもが生れた時に友人たちから贈られた、大きな大きな「うめ吉」くんでした。(このうめ吉くんも、中島潔さんの絵本の登場"動物"です。このお話はまた今度)

きつねのぬいぐるみ、「こん」も最初は「あき」を見守る役だったのが、あきの成長につれて、ふんづけられ、ひきずられ、そして一緒に遊び、大きくなり…。おっと、こんは大きくならずに、古くなり、うでがほころびる。
うちのうめ吉くんもまったく同じ道を通りました。
こうして、子どもたちは成長していくのです。

こんとあきは、おばあちゃんに修理してもらうためにさきゅうまちへ、列車の旅に出かけます。
今、この本の奥付を見ると、我が家の下の子(息子です)が3歳くらいの頃に刷られたことがわかります。彼は無類の鉄道好き(未だに!)なので、喜ぶ場面の連続。
そして、我が家の子どもたちは、共働きの両親に代わって、おばあちゃんに面倒を見てもらって育ちました。

そういう意味でも、なんと身近な絵本だったことか。
でも、いつも「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と言ってくれるこんが、うちにもいたらよかったなー。

ところで、福音館書店さんのサイトには、なんと、こんの作り方が出ています!
PCによる目の酷使で、針に糸が通せなくなったチラには無理ですが、「我が家のこん」を作ってみるのも楽しそうですね。(なんと、「ドアにはさまれてつぶれたしっぽ」の作り方まで出ています!!)

さて、毎月よみきかせの機会があるチラですが、まだ、この本を使ったことが無いのです。だって、懐かしさのあまり、読んでいるうちに泣けて来ちゃうんだもの。
でも、なんとかチャレンジしてみたいとは思っています。
PR
●●● COMMENT ROOM ●●●
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
浦賀みちら(チラ)
性別:
女性
職業:
2008年4月9日まで公共図書館司書で、2010年3月まで市役所事務職員。2011年11月から専門図書館司書。2013年4月から大学図書館で。
趣味:
スポーツ観戦(フィギュアスケート、サッカー、野球など)
自己紹介:
最新コメント
(11/11)
無題(返信済)
(10/21)
こんばんは(返信済)
(05/13)
無題(返信済)
(05/10)
(04/25)
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】