忍者ブログ
「今のところは図書館司書だが、明日の我が身は如何なるものか?」ある日突然に元の行政事務屋として公共図書館からの配置転換。戻してくれないから市役所を退職。世の荒波をかき分け、専門図書館司書として復活!もつかの間。失業生活一年の後、ようやく司書として新たな職場へ。司書こそ我が天職!久々に明るく陽気に行きますか。
[35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月4日のドキュメントはこちらの記事のとおり。

今回の事件の問題点とは

①うちの館では、開館時間を延ばしたり、元日以外のすべての祝日を開館し、かつ、振り替え休館日を作らない(通常休館日の月曜日と重なったとしても開館する)ために、正職員司書が最低5名は必要だということで、当局側との約束ができていること。

②それにもかかわらず、今回私、チラを異動させたことで、正職員司書は4名となり、しかも、その司書のうちの1名は、現在館長なので、勤務ローテーションを組むのが不可能なこと。

③ところが、当局は、あくまでチラを「事務屋」と称し、事務屋と事務屋を入れ替えただけ、と主張している。

たしかに、私が司書資格をとったあと、司書職発令されていなかったのが気にはなっていて、何か機会をみつけて、発令してほしい、と思っていたのですが、なぜそれがすぐ実現しなかったのかは、今となっては誰にも理由がわからない状態。
それに、実際は特にその必要もなく、事務監査資料にも、私、チラはちゃんと「司書」と記載されていましたし。

普通、人事異動というのは、同じような条件で行ったり来たりするわけなので、どちらかの職場が得でどちらかが損、ということはないはずなのに、今回3週間ほど過ぎてみて、あまりにも、明暗がはっきりしています。

私が図書館でどれほどの重みを持っていたとも思いませんが、それにしても、残った職員がものすごい負担を強いられています。

私自身は事務屋としてはもう、全然使い物にならないと思っていましたが、今最も「旬」なところのひとつ、と他人に言われる今の職場ですが、現在のところ何とかなっているみたいです。(これからはわかりませんが)

図書館を離れて考えてみると、実はうちの市では、人が足りなくなっているのです。
台所は火の車で、財政再建のために職員給与費などどんどん削減されています。
当然定数も減らしているのですが、それ以上に退職者が多いのです。
団塊の世代で定年退職者も多いですが、退職金がますます減らされる前に、との駆け込み退職者も結構あり、まだ四十代の知人も退職しました。
機構改革や組織改変でスリム化を図っても、それ以上に人が減っている。
何年ぶりかに新規採用事務職員が入ってきたようですが、それでもいまだに、あちこち欠員が出ています。

チラみたいなのでも、事務屋と名がつけば必要だったんでしょうかねー??

でも、これって、新手の図書館つぶし?
指定管理にする考えはない、と言っていたのだけど、今まで積み上げたものを維持していこうとすれば、このままだと、誰かが倒れるのでは?
今、それが一番心配です。
PR
●●● COMMENT ROOM ●●●
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんは
チラさんこんばんは。
私も司書的業務をしています(資料管理担当=分類業務、寄贈資料の処理・統計などです)が、しょせん事務やさんです。カウンタ業務はほとんど委託ですし、そのうち指定管理者制になるんじゃないかなと思うのです。
お仕事は落ち着きましたか?介護保険をやっていた事務屋にすれば、図書館は快適な空間です・・・ほんと介護保険はつらかった・・・

でも他の場所へいって、また図書館に戻ってきた方もいらっしゃいます。希望は捨ててはいけませんよ。では。
lovely 2008/05/13(Tue)21:49:34 編集
Re:こんばんは
いつもいつもレスが遅れてスミマセン。
lovelyさんの図書館は、私がこの前までいた館とはだいぶ様子が違うようですね。
カウンターは司書の基本だし、図書館って人と資料をつなぐ仕事ですから、利用者と接する機会がない、あるいは機会を作らない、ってことはそもそもおかしいし。
この件については、かつて腹を決めて管理職相手に闘って(ちょっと大げさかな)きた経緯があるので、今のあの図書館が指定管理にならずに残っているかな、という自負もあるので、語ると長くなるかも(笑)
とにかく、今は自分の時間が、ほしい、です(苦笑)

>でも他の場所へいって、また図書館に戻ってきた方もいらっしゃいます。希望は捨ててはいけませんよ。

いや、私は必ず戻ります(と信じている)。
今は、まさに修行のとき、だと思っています。
だって、今の「修行」を乗り越えたら、司書としてはともかく、あの図書館職場では、最強になれるような気がしますもの。今の毎日を考えると(爆)
【2008/05/25 01:01】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
浦賀みちら(チラ)
性別:
女性
職業:
2008年4月9日まで公共図書館司書で、2010年3月まで市役所事務職員。2011年11月から専門図書館司書。2013年4月から大学図書館で。
趣味:
スポーツ観戦(フィギュアスケート、サッカー、野球など)
自己紹介:
最新コメント
(11/11)
無題(返信済)
(10/21)
こんばんは(返信済)
(05/13)
無題(返信済)
(05/10)
(04/25)
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】