忍者ブログ
「今のところは図書館司書だが、明日の我が身は如何なるものか?」ある日突然に元の行政事務屋として公共図書館からの配置転換。戻してくれないから市役所を退職。世の荒波をかき分け、専門図書館司書として復活!もつかの間。失業生活一年の後、ようやく司書として新たな職場へ。司書こそ我が天職!久々に明るく陽気に行きますか。
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

四年前のことですね~。
冬季五輪の年でしたよ。

もともとは、役所の一般事務職員でした。
事務屋として、三つ目の職場にいたころだっただろうか。
(チラは一つ目と二つ目の職場でそれぞれ一人ずつ産休をとったので、一つの職場での在職期間が普通より長いです。)
市町村の役所というところは、山から海、天から地というくらい、分野の違う仕事を次々やらせるところなのですが、その中で庶務担当者という役目を与えられることの多かったチラは、行き詰まりを感じておりました。
一生懸命やっても、決して誰も誉めてくれないし、かといって、どこかにわずかでも手落ちがあると、たちどころに全体に影響がでてくるし。

そんなことを考えていた頃のある日、図書館の一人の司書さんが来年定年退職になる、という話が聞こえてきました。

その当時、まだ司書の定数というのが存在していたので、司書が欠ければ補充しなければならない状態でした。
新しく採用する余裕はないようだし、内部に有資格者はいないか、というような話になっていたようです。

チラの最初の職場が教育委員会だったので、図書館を建設する時に、館長が司書有資格者でなければならないから、司書講習に行って資格を取った、という話を聞いたことがありました。そういうことができるなら、もし、現段階で有資格者がいないのなら、資格を取るから異動させてください、と手を挙げることが出来るかな、と考えました。

ところが、なんと、その時同じ職場の同僚が、今年度中に資格を取れるので、ということで、退職者の後任になることが決まってしまいました。
とはいえ、今回はダメでも、いつまたこういう機会があるかもしれない。
たまたま、自分の出身大学には司書課程がなかったけれど、もしあれば、きっと自分は履修していたはず、今からでもチャレンジしてみよう。今のままの単なる事務屋では、辞めてしまえば何のつぶしもきかないのだから。
そんなことで、チラは、司書資格の取得を目指すことにしたのです。
PR
●●● COMMENT ROOM ●●●
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
チラさんと同じ職種ですね^^;

私も密かに図書館への異動を狙っています。
lovely URL 2006/09/14(Thu)20:14:39 編集
無題
こちらでも、ありがとうございます!
やっぱりそうでしたか(^_^)

各自治体の事情にもよるでしょうが、昨今は指定管理者への移行だとか、人件費削減のための非常勤職員化などで、正職員はどんどん減らされる傾向が強いので、異動の機会も少なくなっていますね。
でも、もし異動を狙うのであれば、意思表示やアピールははっきりしておいた方がいいと思いますよ。
チラ 2006/09/15(Fri)01:29:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
浦賀みちら(チラ)
性別:
女性
職業:
2008年4月9日まで公共図書館司書で、2010年3月まで市役所事務職員。2011年11月から専門図書館司書。2013年4月から大学図書館で。
趣味:
スポーツ観戦(フィギュアスケート、サッカー、野球など)
自己紹介:
最新コメント
(11/11)
無題(返信済)
(10/21)
こんばんは(返信済)
(05/13)
無題(返信済)
(05/10)
(04/25)
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】